プロフィール
育毛相談・指導のスペシャリスト山田佳弘
現在、兵庫県西宮市のJR神戸線甲子園口駅前と埼玉県さいたま市北区のJR宇都宮線土呂駅前にて育毛相談室を運営しています。
育毛のご相談を承り始めて、20年の歳月が経過しました。

この20年間ご相談を承っていて感じるのは、ずっとミノキシジルやフィナステリド、美容外科で受けた治療、育毛サロンで受けたケア、美容室で受けたケアでの、後遺症との闘いだったように感じています。

ご相談をご希望の方は、以下からご相談下さい。


その理由は、本文を読んで下されば分かると思います。

●育毛相談を承るようになったきっかけ

私は元々は美容や育毛とは関係のない業界で仕事をしていました。
25年ほど前に起業して自活を始めた際に、当時としては珍しくホームページ経由で、育毛製品を製造販売している会社から、育毛の仕事をしてみませんか?とお誘いを受けたのです。

国産のミノキシジル製剤が良く売れていましたし、育毛サロンの広告がバンバンとマスメディアを通じで流れていた時代だったので、そんなに反響はないだろうと思っていました。

まあ少しでも収入になれば良いか程度の軽い気持ちで育毛製品の取り扱いを始めたのです。ただ、取り扱うだけでは面白くないので、「まぐまぐ」を通じて育毛関係のメールマガジンを発行してみたのですね。

すると、初回の読者数は3000名を超え、毎週毎週ご相談のメールが20通〜40通送られてくるようになったのです。メールマガジン自体は4週間しか続けられなかったのですが、そのご相談内容を拝見して驚きました。

100%の人が、世間一般に言われているように、頭皮を綺麗に皮脂を取って、効果的な育毛剤を使っていたのです。その育毛剤とは国産のミノキシジル製剤です。

それで、頭皮が赤くなり、フケ症になり、ひどい痒みに襲われ、発毛したけどすぐ抜けてしまい、困っていたのですね。

育毛サロンに通っている人もいましたが、いずれの方も効果にはかなりの疑問を持っていらっしゃいました。

こうして、これはどうも何かがおかしいぞ。と思い、誘って下さったメーカーの先生にご指導を仰いで5年間みっちりと実務を積み重ねたのです。

その後はご相談者と真剣に向き合う、そんな20年です。
ですから、私の場合は全て実務から学び、教科書的な理論や理屈は後付けです。教科書的な理論や理屈では、実務では役に立たないことも分かった20年でもありますね。