抜け毛を減らして毛を無くす方法

  • 2019.07.13 Saturday
  • 17:23

JUGEMテーマ:ヘアケア

 

抜け毛に関して、すごい経験をしたことがあります。

「抜け毛を減らしたい」というご相談でした。

 

いつも抜け毛が気になっていたので、友人から「この育毛剤を使うと抜け毛が減るから良い育毛剤だよ」と勧められたらしいです。使ってみると、確かに抜け毛が減るのですが、毛に元気が無くなり減っていくので止めてしまったらしいです。

 

普段洗髪する時には、抜け毛があるのがいやだから、シャンプーを頭皮に塗ってしばらく付け置きしてから、お湯で流すだけにしていたらしいです。

それでも抜け毛が減らず、毛も無くなっていくので、ご相談にいらしたのでした。

 

その方の髪の毛を軽く触ると、パラパラと抜け毛があります。抜けるからご本人は嫌がっていました。

育毛相談WEBでは、初回は全ての方に頭皮の温浴を受けて頂くので、その方にも受けて頂きました。

 

すると、抜け毛がどうなったか?

お湯を頭皮に流すだけで、たくさんの抜け毛があるのです。少なくなっている毛がたくさん抜けるものだから、私は怖くなってしまい、途中で止めてしまいました。

 

洗髪後に乾かす際にもたくさんの抜け毛があり、いらっしゃった時に比べて半分以上毛が無くなってしまった状態になりました。

抜け毛を減らすことばかりを考えていた為に、成長期が短くなり生えてきても早く抜ける時期に移行する毛ばかりが残り、ちゃんと根付いてちゃんと長く成長する毛が無くなっていたのですね。

 

お湯を当てるだけでパラパラ抜けるとか・触るだけでパラパラ抜けて透け具合が広がるのは、生えている毛は成長せずに刺さっているだけになっていて、次の毛が成長していない証拠です。

 

その2年後くらいにも同じような抜け毛の人がいらっしゃいました。

両名とも抜け毛が減れば毛が増えるものを思い込んでいらっしゃったので、「ちゃんと抜けて生え替わって、次世代の毛が成長するようにならないと毛は増えないこと」をどんなに説明しても、次世代の毛が根付いて長く成長するようになるケアに取り組むことがありませんでした。

 

抜け毛を減らすとは、毛を生え替わらなくすることです。

毛は人の細胞の一つでもあるので、生まれ替わらないということは、代謝が低下している状態ともいえるので、血行が悪くなっているのです。

 

血行が悪くなるから、当然次の世代の毛は成長しなくなってしまい、抜け毛を減らせば減らすほど成長しない毛ばかりに替わっていくのですね。

成長する期間が半分になってしまうと、頭皮の表面に出ている毛も半分に減ります。

 

だから、抜け毛を減らす努力は毛を無くす努力をしているのと同じなのです。

 

これら2名の方は実際に抜け毛を気にして、毛はちゃんと成長して、ちゃんと生え替わる頭皮にしてこなかったので毛を無くすサイクルに入ってしまっていたのですが、こんなパターン以外にも抜け毛が急増して毛を無くしてしまう育毛法もあります。

 

次回それらについて、事例をあげて紹介します。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM