アトピー体質の人は薄毛になりやすい

  • 2019.11.23 Saturday
  • 17:41

JUGEMテーマ:ヘアケア

アトピー体質の人は外部からの刺激・作用に弱い

 

アトピー体質の特徴は、皮脂の分泌量が少なくて、外部からの作用や刺激に対して弱いと言う特徴を持っています。こんな体質の人が効果的な育毛方法を採るなら、作用や刺激を加えるのではなく、反対に保護するケア法にしないといけません。

 

清潔にする習慣が問題

 

現代社会は、清潔にし過ぎる習慣が当たり前になっていて、毎日洗髪しない人の方が少ないです。また、皮脂を取り過ぎるシャンプーも多いので、日ごろから皮脂を取って頭皮を弱らせている人も多いのです。

 

定期的なカラーやパーマ・縮毛矯正

 

アトピー体質の人が、頭皮を清潔にし、定期的なカラ―・パーマ・縮毛矯正しているようなヘアケアの習慣を続けていると、20歳代後半から薄毛になっていくことが多いです。

 

効果的な育毛方法を採るには、頭皮の保護が必要なのに、反対に皮脂を取って保護膜を取り去り、カラー剤やパーマ液で頭皮に刺激を与えているのですから当然と言えば当然の結果です。

 

効果の高い育毛法は負担になる

 

その上、何とかしたい気持ちが強いので、出来るだけ早くなんとかしようとして効果の高い育毛剤や薬・ミノキシジル製剤に頼る育毛方法に走りがちになります。その結果悲惨な状態になっている人もいらっしゃるのです。その実例は、以下のページで紹介しています。
薄毛の原因は血行不良・血流不足になっているから

 

ここの事例で紹介している女性の方は、かなり極端な事例ですが、そうでなくても効果的な育毛方法を採ろうとして、症状の軽い思いはありますが、ほとんどの人は同じことをしています。特にアトピー体質の人なら絶対にしてはいけない方法なんですが、医療が進めるから疑いなく取り組んでしまうのですね。

 

今回紹介した薄毛の原因になっていることは以下の4点です。

  • アトピー体質
  • カラー
  • パーマ・縮毛矯正
  • 頭皮を清潔にする習慣

 

この4つの中には、薄毛の人の場合には1つくらいは入っているのではないのか?と思いますね。効果的な育毛方法を採るには、これらの影響を以下に排除するか?がカギを握っていますね。他にも、まだまだ薄毛の原因はありますよ。

コメント
コメントする