低血圧・貧血症は血行不良・血流不足

  • 2020.02.01 Saturday
  • 14:34

JUGEMテーマ:ヘアケア

低血圧・貧血症は血行不良・血流不足

 

育毛相談室でご相談を承っていると、低血圧の人・貧血症の人がとても多い。高血圧の人でも薄毛になっている人は血圧降下剤を常用していたりします。

 

血圧が低いと心臓よりも上にある頭部への血の供給が弱まりますし、血圧を下げると意図的に血の供給を下げているようなものです。貧血なんかでも、血の中身が薄いのだから栄養不足になってしまいます。

 

足は第二の心臓

 

近年、とても便利な世の中になっているので、足を使わない人がとても多くなりました。田舎に行けば100%車社会ですから、通勤するのに自宅から車庫まで歩き・駐車場から事務所まで歩き・仕事中は会社内部で少し歩き・普段は座っているだけと言う生活の人がとても多いでしょう。

地下鉄や私鉄の公共交通機関が極度に発達して便利になっている都会だと、駅から駅への乗り換えで歩く距離が長い場合があるので、東京都内の人の方が歩く距離や時間があると思います。ただ、都内から少し離れると車社会です。

 

それだけ足を使わない人が増えて、第二の心臓と言われる足の筋肉が発達していないから、薄毛になる人も増えているし、血圧が高めの人も増えているのだと思います。

 

全身の血の巡りも悪いですから、体が冷えて疲れやすくなっている人も多いのだと思います。それだけ毛を育てるのに心身の余裕が無くなっていると言うこと。一度体温を計って下さい。起床後・昼食前・夕食前の一日3回計って、平均で36度5分以上あるかどうかですね。

足の筋肉を使う習慣を

 

歩くだけでなく、以下のことを心掛けながら歩くようにすると、心も元気になり体の血の巡りも良くなるので体調が良くなります。

 

  • 背筋を伸ばして真っすぐ前を向いて歩く
  • チョロチョロ歩くのではなく、少し大股でけるようにして歩く
  • 上記にようにすれば自然と足の筋肉を使いますが、それでも意識して足の筋肉を使う
  • 毎日60分くらいは上記のように歩く時間を作る
  • 通勤や買い物の時間等普段行っている習慣の中に取り入れると習慣付きやすい
  • 階段を使うようにして、2段ずつ上ると足の筋肉を使うようになる

 

上記を実践して筋肉痛になるなら、今まで相当筋肉を使っていなかったと言うことです。高血圧が正常になる人もいますし、体温が上がって疲れにくくなった人もいます。まず実践を!