育毛剤の効果で頭皮が危険

  • 2019.07.11 Thursday
  • 18:57

JUGEMテーマ:ヘアケア

 

私が育毛相談WEBを立ち上げて20年以上の時間が経過しました。その間様々な育毛剤が発売され、中には発売後6000万本以上の出荷数を誇るものがあり、2500万本を超えるものがあり、500万本、200万本、100万本と出荷されています。

 

それでだけ需要があるということなのでしょう。

が、それでは日本人の中の薄毛人口とは何人くらいいるのでしょうか?

 

どこかの育毛サロンが調べたらしいです。大まかには4000万人くらいと言われています。

また、他に40歳代以下の年齢層の無料雑誌の調べによると、男性で約25%くらい、女性で9%くらいが自分は薄毛だと認識しているらしいです。

20歳〜64歳までの男性の薄毛人口は3513万人×25%=878万人、20歳〜64歳までの女性の薄毛人口は3428万人×9%=308万人になります。

 

だか、この無料雑誌は若い人向けのものなので、実数はもっと多くなるだろうと思われます。

年齢とともに薄毛人口が増えるのが普通で、かつ年齢が上がるほど人口も多いのだから、ざっと男性で1500万人、女性で600万人くらいの人が実際に薄毛なんじゃないか?と推定できます。

 

と言うことは、20年の間に新規で発売された育毛剤が最低でも1億本はあるのですから、薄毛の人は一人平均5本以上使用している計算になりますね。中には育毛剤を使わない人もいらっしゃるだろうから、もっと使われている可能性が高いわけです。

 

そしたら、この20年で薄毛人口が急激に減っていてもおかしくありません。

が、まったく減っていなくて、そればかりか次から次に新たに育毛剤が発売されている状態です。

 

これってどう考えたっておかしな状況です。

こんだけ効果があると訴えているのに、薄毛人口が減らないのには、何か裏があるのではないか?と勘繰りたくなります。

 

育毛剤の広告を見たら、その育毛剤を見て下さい。

ネットでもいいし、新聞の折り込みでも構いません。

それぞれの育毛剤は、効果のある成分の説明、使用経験者の喜びの声、リピート率は95%以上とかで売れている証明を記述していたりしています。これを見たら、「あー、これは凄い育毛剤だわ、こんな効果があるなら、私も同じようになれるかも!」と思ってしまいます。

 

ところが、そんなに思い通りにいくことはなく、抜け毛が減るけど毛が増えることもなく、何の変化もないか、頭皮がかゆくなるだけで、変な違和感を覚えてしまい、2本か3本使用しただけで止めてしまうのです。

 

なぜ、そんなことになるのでしょう?

それは、いくら育毛剤に訴えているような効果があっても、あなたの頭皮と心身に育毛剤の効果を活かすだけの力がないと効果に繋がらないのです。

育毛剤には効果はありますが、あなたに育毛剤の効果を活かすだけの力がないのです。

言い換えれば、育毛剤の効果を活かす力がないから薄毛になっているのです。

 

活かす力がない頭皮や心身には、育毛剤の効果は負担になってしまい、さらに薄毛を進行させる原因にもなります。

気を付けたいものです。

 

だから、必要なことは効果のある育毛剤探しではなく、あなたの薄毛の問題点や原因を探り、それらを改善して育毛剤の効果を活かすことのできる頭皮と心身に改善する育毛方法なのですね。

そんなご相談を育毛相談WEBで承っています。また、そのご相談に沿った形で育毛方法を提供しています。